京大理系数学'20年前期[2]

pを正の整数とする。αβxに関する方程式2つの解で、であるとする。
(1) すべての正の整数nに対し、は整数であり、さらに偶数であることを証明せよ。
(2) 極限を求めよ。

解答 東大理系2003[4]の類題です。(1)は数学的帰納法を用いる定型パターンの問題と言ってもよいので、解答の流れを記憶してしまうくらいでよいでしょう。(2)なのでとなり、問題のままでは考えにくいのですが、2αβについて、2次方程式の解と係数の関係よりとなるので、を利用することになります。

さて、
2次方程式の解と係数の関係より、 ・・・@
とします。

(1) (T) のとき、pが正の整数であることから、は、整数であり偶数です。よって、成立します。
(U) のとき、@を用いて、,これは整数であり偶数です。よって、成立します。
(V) のとき、のとき、成立すると仮定します。つまり、が整数であり偶数だと仮定します。
問題文の2次方程式のの代わりにxの代わりに,定数項を定数項にをかけたものを代入した式を考えます。
 (∵ αβ2次方程式の解)
よって、もまた、整数であり偶数です。よって、のときも成立します。
(T)(U)(V)より、数学的帰納法によって、すべての正の整数nに対し、は整数であり偶数です。 (証明終)

(2) を利用するために、を使って表すことを考えます。より、
(1)よりは偶数なので、,よって、
ここで、
()の形(極限の公式を参照)が出てくるように変形します。
@より、より、,よって、のとき、
これより、
......[]



   京大理系数学TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2020
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元