東工大数学'20年前期[4]

nを正の奇数とする。曲線 ()x軸で囲まれた部分をとする。直線とおき、の周りに1回転させてできる回転体をとする。
(1) に対して、点Pとおく。また、Pからに下ろした垂線とx軸の交点をQとする。線分PQの周りに1回転させてできる図形の面積をxの式で表せ。
(2) (1)の結果を用いて、回転体の体積をnの式で表せ。

解答 斜回転体の問題です。誘導が付いているので、解いた経験があれば、特に問題はないでしょう。計算ミスに注意します。

(1) Pからに下ろした垂線の足をHとして、この垂線は、傾き1で点Pを通るので、直線上の点をとして、
 ・・・@
x軸との交点は、として、,つまり、Q
線分PQの周りに1回転させると、PQは、それぞれHを中心として、半径HP,半径HQの円周を描くので、両円周に挟まれた領域となります。
と@の交点
Hx座標は、両式を連立し、
 ・・・A
右図で、直線@の傾きは1なので、,よって、

求める面積は、の面積からの面積を引いて、
......[]

(2) (1)で面積を求めた図形の回転軸は直線であって、x軸ではないので、としても回転体の体積は求められません。回転体の体積を求めるためには、回転体の回転軸に垂直な断面の面積を、回転軸(本問では、直線)に沿って積分しなければなりません。に沿って原点からの距離はOHなので、求める体積は、となります。
このままでは、OHで積分できないので、OHxで表して置換積分します。
Aより、
従って、
ここで(部分積分法を参照)

これより、 ......[]



   東工大数学TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2020
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元