クーロンの法則    関連問題

真空中に距離r離れて置かれた電荷qQの間に働くFは、
但し、は真空の誘電率、
の方向は、両電荷を結ぶ直線の向きで、qQ異符号なら引力()同符号なら斥力()

電界の位置に置かれた電荷qに働くは、 (電界を参照)
真空中で、電荷Q距離r離れた位置に作る電界の強さEは、 (ガウスの法則を参照)
従って、真空中で点電荷Qの作る電界の中に、別の点電荷qを置くと、
という大きさのが働きます。qQが同符号なら斥力qQが異符号なら引力が働きます。これが、クーロンの法則です。また、このクーロン力と言います。
クーロンの法則は各種の実験により正確に成り立つことが検証されている法則です。
真空中の
光速と定義されており、真空の透磁率(2021年現在の値。ほぼです)と真空の誘電率との間にという関係があることから、真空の誘電率は[]であることが知られています。
とすると、真空中のクーロンの法則は、

となります。このは真空中のクーロンの法則の比例定数と呼ばれます。
誘電率
εの物質中(静電誘導を参照)では、として、クーロンの法則は、
となります。


   物理基礎事項TOP   物理TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元