東大理系数学'22年前期[6]

Oを原点とする座標平面上で考える。0以上の整数kに対して、ベクトル
と定める。投げたとき表と裏がどちらもの確率で出るコインをN回投げて、座標平面上に点,・・・,を以下の規則(i)(ii)に従って定める。
(i) Oにある。
(ii) n1以上N以下の整数とする。が定まったとし、を次のように定める。
n回目のコイン投げで表が出た場合、
によりを定める。ただし、k1回目からn回目までのコイン投げで裏が出た回数とする。
n回目のコイン投げで裏が出た場合、と定める。
(1) とする。Oにある確率を求めよ。
(2) とする。Oにあり、かつ、合計200回のコイン投げで表がちょうどr回出る確率をとおく。ただしである。を求めよ。またが最大となるrの値を求めよ。

解答 男の子の間に女の子を入れていく、という問題の類題なのですが、遙かに複雑で、(1)でカラクリに気づけないと、(2)に進めません。以下では、カラクリに気づくまでを細かく書きましたが、答案としては、となる場合に[裏裏裏]1まとめにするカラクリだけ簡単に書くようにしないと時間が足りません。




l 0以上の整数として、 ・・・@ です。
座標平面上でベクトルで考えてもよいのですが、複素数平面上で考えることにします。に対応する複素数を
()に対応する複素数は1に対応する複素数は (13乗根の1つです)に対応する複素数は、です。に対応する複素数は、より、@に対応して、
() () () ・・・A
また、より、
 ・・・B
です。規則(ii)を複素数を用いて書き直すと、n回目に表が出ると、 (k:裏が出た回数),裏が出ると、,ということです。

(1) 裏が出た回数をk,また、lを適当な0以上の整数として、である(modを使って書くと、)間に出た表の回数をa (a0以上の整数)である()間に表が出た回数をb (b0以上の整数)である()間に表が出た回数をc (c0以上の整数)とします。は表が出た回数、はコインを投げた回数になります。
複素数平面上で、です。Bより、

となるので、でない限り、とはなりません。つまり、であれば、であるときに表が出る回数と、であるときに表が出る回数と、であるときに表が出る回数は等しくなります。
のときに、
Oにある、つまり、となるのは、であって、となるときです。
こうなるのは、
(i) ,または、(ii) ,または、(iii) の場合に限られます。

(i)は、8回コイン投げをして全部裏が出るということで、その確率はです。

(ii)は、8回コイン投げをして5回裏、3回表が出る、ということなのですが、その全ての表裏の出方で条件に適合する、ということではありません。
例えば、表表表裏裏裏裏裏と出てしまうと、裏0回のままと進んで8回目にOに戻ってきません。
となるときに
1回表が出て、のときに1回表が出て、のときに表が1回出ることが条件です。
例えば、
1回目に表が出ると、この時点で裏の回数は0 ()なので、進みます。2回目に裏が出て、3回目に表が出ると、この時点で裏の回数は1 ()なので、進み、に来ます。4回目に裏が出て、5回目に表が出ると、この時点で裏の回数は2 ()なので、進んで、に来るので、Oに戻ります。この後、6回目、7回目、8回目に裏が出ると、Oに居続けるので、8回目にOにいます。つまり、表裏表裏表裏裏裏と出るとOにいます。

1進むは、裏の回数が3回のとき、裏表裏表裏、と出てから表が出るときにも進みます。この後、裏が続いて、裏表裏表裏表裏裏と出る場合も、8回目にOにいます。
つまり、「
裏表裏表裏裏裏」でも「裏表裏表裏裏裏」でも、8回目にOにいます。「裏裏裏」と「裏裏裏」の3回の表のうち、ω進む進むを取り払ってみます。7回目と8回目の裏はOにいるままになるので、これも分けて考えると、「裏裏裏 裏裏」と「裏裏裏 裏裏」となり、最後の2回の裏も別にして、[裏裏裏]の並べ方を考えれば良いことがわかります。
ω進むも同様に、裏の回数が1回のときと4回のときがあるのですが、「裏裏裏」と「裏裏裏裏裏」も、1進む進むを取り払うと、「裏 裏裏裏 裏」と「裏 裏裏裏 裏」も、両端の裏を別にして、[裏裏裏]の並べ方を考えれば良いことになります。
進む
も同様に、「裏裏 裏裏裏」と「裏裏 裏裏裏」で、最初の2回の裏を別にして、[裏裏裏]の並べ方を考えれば良いことになります。

これらより、裏が出た回数を
3で割った余りを考えることになるので、1進む表、ω進む表、進む表、それぞれについて、裏3回をまとめて[裏裏裏]として考えれば良いことがわかります。

のときには、余り
2の裏2回を、1進む表を考えるときには、1回目の表で1進むように、最後に[裏裏]でまとめ、ω進む表を考えるときには、最初に[]1(この後の表でω進みます)、最後に[]1回と振り分け、進む表を考えるときには最初に[裏裏](この後の表で進みます)でまとめて考えます。

1進むとき(裏の回数を3で割ると余りは0)の表を1と書くことにすると、
1[裏裏裏][裏裏]
[
裏裏裏]1[裏裏]
2通りあります。[裏裏裏]の裏と裏の間に表が出ることもあり得ます。[裏裏裏]と書くのは、1進むときの表に対してだけです。
ω進むとき(裏の回数を3で割ると余りは1)の表をωと書くことにすると、
[]ω[裏裏裏][]
[
][裏裏裏]ω[]
2通りあります。[裏裏裏]の裏と裏の間に表が出ることもあり得るのは先の場合と同様です。
進むとき
(裏の回数を3で割ると余りは1)の表をと書くことにすると、
[裏裏][裏裏裏]
[
裏裏][裏裏裏]
2通りあります。[裏裏裏]の裏と裏の間に表が出ることもあり得ます。
のいずれについても、
[裏裏裏]1まとめにして2通りずつあります。つまり、3回表が出てOに戻るのは、通りあり、この確率は、です。
(iii)1移動する表も、ω移動する表も、移動する表も2回ずつ出る、ということですが、こうなるのは、1回目と2回目に表が出て1 (0)ずつ2回進み、3回目に裏、4回目と5回目に表が出てω (1)ずつ2回進み、6回目に裏が出て、7回目と8回目に表が出て (2)ずつ2回進み、となってOに戻る場合です。その確率は、です。
以上より、のとき、Oにある確率は、 ......[]

(2) (1)と同様に、l0以上の整数として、の間に表が出る回数をabcとすると、Oにあるためには、であって、表が出る回数はで、でなければ、Oにあることはなく、ならです。

まず、のとき、裏が200回続いた、ということで、その確率は、

さて、です。
2余るので、裏2回を、(1)(ii)と同様に最初と最後に振り分け、 ()のとき、(1)(ii)で考えたように、裏3回を[裏裏裏]とまとめて考えます。

のとき、より、

1進む(裏の回数を3で割ると余りは0)表が入るのは、
の前後で、通りあります。
ω進む(裏の回数を3で割ると余りは1)表が入るのは、
の前後で、やはり通りあります。
進む
(裏の回数を3で割ると余りは2)表が入るのは、
の前後で、やはり通りあります。
これより、

のとき、より、

1進む(裏の回数を3で割ると余りは0)表が2つ入るのは、
の前後で、64カ所の2カ所の1進む表の並べ方は、合わせて66カ所のどの2カ所を表にするかと考えて、通りあります。
ω進む(裏の回数を3で割ると余りは1)表が2つ入るのは、
の前後で、やはり通りあります。
進む
(裏の回数を3で割ると余りは2)表が入るのは、
の前後で、やはり通りあります。
これより、


()のとき、より、
1進む(裏の回数を3で割ると余りは0)表がa個入るのは、
の前後で、カ所のaカ所の1進む表の並べ方は、合わせて66カ所のどのaカ所を表にするかと考えて、通りあります([裏裏裏][裏裏裏]の間で1進む表が複数回続いてもよいことに注意)
ω進む(裏の回数を3で割ると余りは1)表が2つ入るのは、
の前後で、やはり通りあります。
進む
(裏の回数を3で割ると余りは2)表が入るのは、
の前後で、やはり通りあります。
これより、も含め、
()のとき、のとき、 ......[]
より、を最大とするrは、より、 ......[]



   東大理系数学TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元